先物取引とオプション取引の違い

違いを一言で言うと、価格を決めるのか、それとも取り引きする権利を売買するのかの違いです。
先物取引の場合には、一定の価格で買うことを約束します。例えば、ある指数を1万円で買うという約束をすれば、その後に価格が変動したとしても1万円で売買をしなければなりません。先物を買っていれば、1万2円縁になっていても1万円で買うことができますし、8千円になっていても1万円で買わなければなりません。
オプション取引では、例えば1万円で買う権利を買うことができます。ですから、1万2千円になっていれば1万円で買って市場で1万2千円で売り、その差額の2千円分が利益となります。これに対して、もしも8千円になっていた場合には、この権利を行使しなければ良いわけですから、損失は発生しないことになるのです。ただし、買ったときの価格は損失となります。
売った場合には義務を負うことになります。1万円で買う権利を売った場合には、つまり1万円で売る義務が発生する事になります。ですから、1万2千円になっていても1万円で売らなければなりません。8千円になっていた場合には、書いては権利をこうしませんから利益は発生しないことになります。しかし、最初に売ったときの価格が利益となります。

 
 
 
 
 

プロミス 店舗