コール(買う権利)

川
オプション取引においてコールとは買う権利を買うことなのです。
これだけではわかりにくいため実際の株価で例えてみましょう。
オプション取引で日経平均株価を特定の期日に10000円で買うことができる権利を、プレミアムと呼ばれるオプション料を支払い、
購入します。ここではこのオプション料を100円としましょう。
そして、特定の期日になった時に日経平均株価が11000円になっていたとします。
この場合10000円で買うことができる権利を持っているので、11000円のものを10000円で買えることができるのです。
すると、オプション料の100円をのぞいたとしても900円の利益がでることになるのです。
では逆に日経平均株価が9000円に下落していた場合どうなるのかと言うと、9000円で買えるものを10000円で買える権利を、
行使して買う必要はないわけですからこの権利を放棄すれば良いのです。そのため損失はオプション料の100円だけとなるのです。
ここで注意が必要なのは、あくまで10000円で買うことができる権利を持っているだけであり、必ず10000円で買わなければならないと言うわけではないことです。
義務ではなく権利なので、権利を行使することで自分が不利になるのであれば放棄をすることができる、これがオプション取引のコールと呼ばれるものになります。