未分類

太陽02
「先物取引」は、将来の決められた日に、決められた価格で売買することを約束する取引で、買い付けた時点の価格と、将来決済した時点での価格の差を利益とするものです。
一方、「オプション取引」というのは、将来の決められた日に、決められた価格で商品を買い付けたり売り付けたりする「権利」(オプション)を取得するための取引です。
先物取引の場合は、精算すべき期日が到来すれば、対象となっている商品そのものを必ず売るか、または買うかしなければなりませんが、オプション取引の場合には、あくまでも「権利」を取引するものですので、買い手が自分にとって不利と判断すれば、将来の権利を放棄することも可能だという点に大きな違いがあります。
このような取引にあたっては、将来の市場価格の変動によりどれだけの損益が見込まれるかをグラフにした損益図が利用されます。横軸には決済する日の市場価格、縦軸には損益が表示され、これに権利行使する価格を組み合わせます。
オプション取引では、買う権利を「コール」、売る権利を「プット」とよんでいますが、これに対応してコールの売り、コールの買い、プットの売り、プットの買いの4つのパターンがあり、損益図は折れ線グラフのような特有の損益線のパターンを描きます。


オプション取引において、決められた期日に決められた価格で商品を売ることができる権利をプットオプションと言います。 例えばあなたがある株を1000円で持っているとします。まだまだ、株価は上昇しそうだけど、あまりに下がることはあっても、 困ると考えた場合、プレミアムと呼ばれるオプション料を支払って決められた期日に今の株を1000円で売る権利を買うとします。

そして、その権利日がやってきた時に株価があなたの予想通り上昇していて1500円になっていたとしましょう。 この場合1000円で売ることができる権利を持っていますが、1500円で株価を売ることができるため、 1000円で売ることにメリットは無いので権利を放棄することにします。この場合支払ったオプション料は損失となります。 では逆に予想に反して、株価が下落してしまい、500円になってしまったとします。この場合は1000円で売ることができる、 権利を所有しているので、権利を行使して1000円で売ることができ、オプション料を差し引いた額が利益となるのです。

このようにプットオプションと言うのは、物の価値が下落局面時の保険として使うことができる取引になるのです。

川
オプション取引においてコールとは買う権利を買うことなのです。
これだけではわかりにくいため実際の株価で例えてみましょう。
オプション取引で日経平均株価を特定の期日に10000円で買うことができる権利を、プレミアムと呼ばれるオプション料を支払い、
購入します。ここではこのオプション料を100円としましょう。
そして、特定の期日になった時に日経平均株価が11000円になっていたとします。
この場合10000円で買うことができる権利を持っているので、11000円のものを10000円で買えることができるのです。
すると、オプション料の100円をのぞいたとしても900円の利益がでることになるのです。
では逆に日経平均株価が9000円に下落していた場合どうなるのかと言うと、9000円で買えるものを10000円で買える権利を、
行使して買う必要はないわけですからこの権利を放棄すれば良いのです。そのため損失はオプション料の100円だけとなるのです。
ここで注意が必要なのは、あくまで10000円で買うことができる権利を持っているだけであり、必ず10000円で買わなければならないと言うわけではないことです。
義務ではなく権利なので、権利を行使することで自分が不利になるのであれば放棄をすることができる、これがオプション取引のコールと呼ばれるものになります。


オプションにはコールとプットがあります。コールとは買う権利のことを指します。例えば、1000円コールであれば、1000円で買うことができますが、買わなくても良いです。ですから、価格が1200円になっていった場合、1000円で買うことができますから、1000円で買って1200円で売り、200円の利益を得る事ができますから、最低でも200絵の価格はつくことになります。これに時間的価値が加算されますから、価格は200円を超えることになります。もし超えなければ、例えば190円であった場合、190円で1000円コールを買ってその権利を行使し、それを市場で1200円で売れば、取得に要した費用は1190円で、売却によって1200円得られますから、無リスクで10円の利益を得られ、これは裁定機会となるのです。
もしも市場で900円になった場合には、1000円コールは価値を持ちませんから、精算日には0円となります。これは権利であるということを考えれば分かりやすいでしょう。プットはその逆で、売る権利ですから、権利行使価格で売ることができますし売らなくても良いという権利を得ることができます。オプションにはこの2種類しかありません。

森林02
オプションの売り手はリスクを負う代わりに利益を得ます。オプションは、商品設計を見ればリスクヘッジに用いられるものだと言うことはすぐに分かるでしょう。買うことによって価格変動リスクを抑える事ができるように作られています。ですから、売ることによってこのリスクを引き受けなければなりません。オプションとはリスクの売買だと考える事ができるのです。
具体的には、買った投資家は権利を行使するかどうかを決める事ができるのですが、権利を行使した場合には、売った側はそれに応じなければなりません。12000円コールを売った場合、買った側は12000円で買う事のできる権利を持っていますから、権利を行使すると売った側は12000円で売らなければなりません。市場の価格14000円になっていたとしても12000円で売らなければならないのです。このような事になり得るというリスクを抱えていると言えるでしょう。その代わりに、最初に売るわけですから売ったときの代金を得ることができるというメリットがあります。この代金はリスクに見合っただけ受け取らなければならないですから、リスクプレミアムと呼ぶ事が多いです。リスクがこのように売買されているのです。

森林01
オプションはリスクを小さくするために作られた商品だと言えるでしょう。例えば、価格下落リスクを抑えるためのものがプットです。プットは、原資産の価格が下がったときに利益が発生します。ですから、原資産を買って価格が下がった場合には、株価の下落による損失と、オプション価格の上昇による利益とが相殺され、それによって損失を防ぐことができるというメリットがあります。
単独で用いる事もできるのですが、単独で用いた場合にも買ったときにはリスクを抑えられます。買い手には買うかどうかの権利が与えられますから、利益が発生しているときにのみ権利を行使するという方法をとることによって、リスクを抑える事ができます。
具体的には、上昇を予想したときにはコールを買います。コールは買う権利ですから、価格が上昇しても権利行使価格で買うことができます。権利行使価格よりも高くなればオプション価格も高くなりますから、実際に権利行使を行って買うというのが基本的な方法となってくるのです。コールを買うときには最初に代金を支払わなければなりませんが、それ以上の損失はありません。ですから、原資産を買うよりもコールを買った方がリスクを抑えられるという特徴があります。

常夏
オプションは金融派生商品の一つですが、そのためにリスクヘッジに用いる事ができるというメリットがあります。値動きによる損失が複雑ですから活用するのは難しいのですが、色々な組み合わせが考えられます。単純にリスクヘッジをするよりも色々な使い方ができますから、これが魅力の一つだと言えるでしょう。
例えば、原資産とコールの売りを組み合わせることによってパフォーマンスを上げるという方法があります。コールを売ることによってリスクプレミアムを受け取ることができますが、この分だけ利益を上乗せすることができるというメリットがあります。この方法をカバードコールと呼ぶのですが、色々なファンドが用いている基本的なストラテジーだと言えるでしょう。
そのほかにも、コールとプットの両方を売ることによってリスクプレミアムを二重に手に入れるという方法もあります。これをショートストラングルというのですが、価格の変動があまり大きくないときに使う事のできるものだと言えるでしょう。価格の変動が大きくなると予想した場合には、コールとプットの両方を買うというストラテジーを用いる事ができます。
このようになストラテジーがありますから、いろいろな状況で活用できます。

芝桜
オプションとは権利の取引です。具体的にはコールを買えば、約定価格で買うことができますが、買わなくても良いと言うことです。1000円コールを買った場合、1000円で買うことができますが、買わなくても良いです。市場で原資産の価格が高騰して、例えば1500円になった場合、この場合であっても1000円で買うことができます。1000円で買って市場で1500円で売れば、その差額の500円を利益として受け取ることができることになります。実際にはこのような手続きは必要ない場合が多くて、差額の500円分に相当する利益を手にすることができます。
もしも市場の価格が暴落して、例えば500円になった場合には、誰が考えても分かるとは思いますが、1000円で買う必要はありません。1000円で買わなくても、市場で500円で買うことができるわけです。この場合には買わないという選択がとられます。
このように、基本的には買っても買わなくても良いというものですから、先物契約や先渡し契約とは根本的に異なっていて、リスクヘッジの効果は非常に高いと言えるでしょう。プットの場合にはその逆で、プットを買えば、売っても良いですし売らなくても良いということになるのです。


近年において日本の経済が少なからず持ち直したことよって、その企業の給料もまた少なからず向上しています。しかしこの景気自体が長く続くのかは不透明のため、特に若い世代に置いてこの景気が持ち直している段階で株投資をする人が増えています。
その株取引とは、その一企業が安定して利益を上げることのできるという最低条件の元に自らが株券もしくは債券を発行して株主に売却して利益を上げます。そして企業が利益を上げて1カ月単位で長ければ3月の決算の際に、その上げた利益を分割して株に市に還元するシステムを言います。この株に置いて株主が利益を上げるには安定した企業に投資する事が良いのですが、仮に安定ではなくハイリスクハイリターンでも良いから利益を上げたいと願う場合には先物取引をすると良いのです。この取引は通常の取引と違う点とは本来株投資は安定した企業に投資する事が通常ですが、これは上場している企業ではあるが現在の地点よりも利益を上げる事が出来るのか不透明な企業に投資します。しかし仮に利益を上げる事が出来れば少ない金額でも多くの利益を上げる事が出来るため、その企業が利益を上げる前に株を買い占めることを指します。
それによって通常の取引と違い、この先物はルールを守って行えば多くの利益を上げる事が出来る株投資の方法と言えます。