権利の取引です

芝桜
オプションとは権利の取引です。具体的にはコールを買えば、約定価格で買うことができますが、買わなくても良いと言うことです。1000円コールを買った場合、1000円で買うことができますが、買わなくても良いです。市場で原資産の価格が高騰して、例えば1500円になった場合、この場合であっても1000円で買うことができます。1000円で買って市場で1500円で売れば、その差額の500円を利益として受け取ることができることになります。実際にはこのような手続きは必要ない場合が多くて、差額の500円分に相当する利益を手にすることができます。
もしも市場の価格が暴落して、例えば500円になった場合には、誰が考えても分かるとは思いますが、1000円で買う必要はありません。1000円で買わなくても、市場で500円で買うことができるわけです。この場合には買わないという選択がとられます。
このように、基本的には買っても買わなくても良いというものですから、先物契約や先渡し契約とは根本的に異なっていて、リスクヘッジの効果は非常に高いと言えるでしょう。プットの場合にはその逆で、プットを買えば、売っても良いですし売らなくても良いということになるのです。