オプションの種類


オプションにはコールとプットがあります。コールとは買う権利のことを指します。例えば、1000円コールであれば、1000円で買うことができますが、買わなくても良いです。ですから、価格が1200円になっていった場合、1000円で買うことができますから、1000円で買って1200円で売り、200円の利益を得る事ができますから、最低でも200絵の価格はつくことになります。これに時間的価値が加算されますから、価格は200円を超えることになります。もし超えなければ、例えば190円であった場合、190円で1000円コールを買ってその権利を行使し、それを市場で1200円で売れば、取得に要した費用は1190円で、売却によって1200円得られますから、無リスクで10円の利益を得られ、これは裁定機会となるのです。
もしも市場で900円になった場合には、1000円コールは価値を持ちませんから、精算日には0円となります。これは権利であるということを考えれば分かりやすいでしょう。プットはその逆で、売る権利ですから、権利行使価格で売ることができますし売らなくても良いという権利を得ることができます。オプションにはこの2種類しかありません。