プット(売る権利)


オプション取引において、決められた期日に決められた価格で商品を売ることができる権利をプットオプションと言います。 例えばあなたがある株を1000円で持っているとします。まだまだ、株価は上昇しそうだけど、あまりに下がることはあっても、 困ると考えた場合、プレミアムと呼ばれるオプション料を支払って決められた期日に今の株を1000円で売る権利を買うとします。

そして、その権利日がやってきた時に株価があなたの予想通り上昇していて1500円になっていたとしましょう。 この場合1000円で売ることができる権利を持っていますが、1500円で株価を売ることができるため、 1000円で売ることにメリットは無いので権利を放棄することにします。この場合支払ったオプション料は損失となります。 では逆に予想に反して、株価が下落してしまい、500円になってしまったとします。この場合は1000円で売ることができる、 権利を所有しているので、権利を行使して1000円で売ることができ、オプション料を差し引いた額が利益となるのです。

このようにプットオプションと言うのは、物の価値が下落局面時の保険として使うことができる取引になるのです。